山王祭(日枝神社)2019の日程や時間は?屋台や無料駐車場についても

3月末になり、ようやく暖かくなってきましたね(^^)

あと、3ヶ月たつと赤坂にある『日枝神社』という所で『山王祭』が開催されます。

なので今回は、『山王祭』に関する事や『日枝神社』についてまとめてみました!

スポンサーリンク

 


 
 

山王祭(日枝神社)2019情報まとめ

山王祭2019の日程や時間

『山王祭2019はいつ開催される?時間も気になる』という方もいるかと思うので調べてみました。

2019年山王祭が開催される日はまだ公表されていませんでした。今の所、開催されると思われる日程は、6月16日㈰となります。
参考までに去年の日程をまとめてみました。

30年6月7日㈭~17日まで
6月8日㈮には神幸祭があり、16日には山王嘉祥祭があります。

13日~15日までは、山王音頭や民踊大会なども開催されていました。
まだ時間なども分からないので、詳しい詳細が分かったら追記していこうと思います。

山王祭2019の屋台情報

『山王祭では、どんな屋台が出店されるの?』という疑問もあったので過去の出店状況から今年の屋台情報を予想してみました。
山王祭の屋台は、13日~15日まで行われる納涼大会に合わせて出店されます。午後6:00ごろから、屋台が出始めます。

内容としては、焼き鳥やたこやき、じゃがバター、やきそば、いかやきなど屋台の数は毎年少ないみたいです。日枝神社の近くには赤坂サカスや飲食店がたくさんあるのでもし、食事も楽しみたいという場合はそちらに行く事をおすすめします。

山王祭2019の無料駐車場

日枝神社の所には、無料駐車場が完備しています。100台止められる場所はあるのですが、『山王祭』では混雑が予想されます。

有料になってしまいますが、その他の近くにも駐車場があるので紹介していこうと思います。

東急キャピトルタワー駐車場
キャピタルタワーホテルの駐車場です。日枝神社からも近い駐車場です。

時間 24時間
料金 30分 400円
台数 230台

ここも時期によっては混雑しやすい駐車場となっているので注意が必要です。

Dパーキング 赤坂2丁目 第2
溜池山王駅近くの駐車場となります。

時間 24時間
料金 20分 400円 最大料金 12時間
月曜日~土曜日 3,000円
日曜日・祝日 1,500円
台数 26台

パラカ 赤坂第8
こちらも溜池山王駅から近く、少し細い道の所にあります。

ただ、ここの近くの駐車場料金は5~6時間利用するだけでも10,000円近くかかる事もあったり、『神幸祭』のときは交通規制がかかることもあり車でくると不便に感じる事があります。

もし電車でこれる方は、混雑を避けるために車を使わずに来た方が良さそうですね。

日枝神社で開催される山王祭とは?

『日枝神社で開催される「山王祭」ってどんなおまつり?』

と気になったので詳しくまとめてみました。
徳川時代に江戸城内に入御した御神輿を三代目将軍家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭」として盛大を極めました。江戸三大祭の筆頭として、日本三大祭に数えられているお祭りで毎年6月に開催されています。

平成30年からは、お神輿を担ぎ、東京都芯300mを歩く「神幸祭」も「山王祭」の行事として開催されました。去年の『山王祭』は、こんな感じで開催されました。

 

このお祭りでは、国際フォーラムや日本橋、皇居、四谷、麹町など様々な場所を巡っていきます。去年は公式ツイッターで場所を追っていったので、気になる方はツイッターをチェックするのも良さそうですね!

日枝神社のプチ情報

日枝神社のご利益は?

『日枝神社ってどんなご利益のある神社なの?』

こう疑問に思う方がいるかと思います。

このことについて詳しい情報を調べてみました。

ここでは、出世運や仕事運を上げるパワースポットだけでなく縁結びでもご利益を得られる神社となっております。国会議事堂が近くにある神社という事もあり、効果がありそうな場所ですよね!政治家の人もよく、参拝にくる神社でもあります。

国会議事堂前近くの入り口はこちらとなります。

階段を上がってすぐの所に手水舎があるので、ここで心身を極めて参拝をします。

手水(ちょうず、てみず)での清め方はこちら
1.右手で柄杓を持って水をくみ、左手にかけます。2.柄杓を左手に持ちかえ、右手にかけます。
3.柄杓を右手に持ちかえ左手に水をくみ、その左手にある水で口をすすぎます。4.もう一度、左手に水をかけます。
5.最後に柄杓の柄に水をかけます。

この方法で清める事ができたら、敷地内に入り参拝を行っていきます。

敷地内はこんな感じです!時間は、平日の朝7時頃でしたが人がそこそこいた印象があります。出世運や仕事運を上げる神社だからなのかビジネスマンやサラリーマンの人が多い感じでした( ゚Д゚)

境内には、狛犬ではなく『お猿』さんが置かれていました。

猿は、人間と神様の間をとりもつ存在として、昔から敬われる存在でした。
「さる」という読み方から「勝る(まさる)」「魔が去る(まがさる)」とも言われ、勝運の神や魔除けの神として置かれています。音読みでは「えん」とも読むので、猿が「縁」を運んできてくれるという意味を含み、商売繁盛や縁結びの祈願をする方もいるそうです。

実際の『神猿像』はこちら☆

本堂に向かって右がオスの神猿像です。
猿は元々、山の守り神で木や生き物を生み育てたと言われています。
それにあやかり『商売繁盛』『社運隆昌』にご利益があります。

本堂に向かって左がメスの神猿像です。

メスの神猿像の手には、小猿がいます。
子宝、安産のご利益があると言われていて、縁結びの効果もあるお猿さんとなっています。

スポンサーリンク


 
 

日枝神社おすすめのお守り/おみくじ

今回は、朝早かったので開いてなかったのですがここでおみくじやお守り、絵馬など購入できます。

日枝神社では、猿を使ったお守りが多く販売されてました。

おすすめのお守りは、やっぱり「猿」をモチーフにした『まさる』くん

その他のお守りの詳細はこちらとなります。

肌守(山王御守)
肌守(交通安全)
肌守(厄除開運)
肌守(身体健全)
肌守(学業成就)
肌守(方位除)

各種初穂料 500円

守袋 500円
まさる守(大) 600円
まさる守(小) 500円
こざる守 600円
ビジネス守 1,000円
縁結び守 600円

開運招福守(赤) 600円
開運招福守(青) 600円
まり守 900円
十二支守 600円
こども守 600円

交通安全麻の葉守(紫) 900円
交通安全麻の葉守(赤) 900円
交通安全木札 900円

合格守 600円
旅行安全守 600円

子授守 1,000円
子宝錦守 900円
安産守 900円
病気平癒守 1,000円
子授矢 3,000円
腹帯 5,000円

幸玉守(仕事運)大 5,000円
幸玉守(金運)大 5,000円
幸玉守(恋愛)大 5,000円
幸玉守(健康)大 5,000円

幸玉守(仕事運)小 4,500円
幸玉守(金運)小 4,500円
幸玉守(恋愛)小 4,500円
幸玉守(健康)小 4,500円

茅の輪守 1,500円
子育守 1,300円
土鈴 2,000円
鎮宅鈴守 2,500円
守護矢 1,000円

こざるステッカー 500円
ステッカー大 500円
ステッカー中 300円
ステッカー小 500円

となっております。

他には、お札や御朱印、絵馬などもあります。

おみくじは

神猿みくじ 300円
恋みくじ 500円

と2種類あるのでおすすめは、その時気になったものを引くのがよさそうです。

アクセス情報

日枝神社は、千代田区永田町にある神社になります。
詳しい詳細はこちら☆

日枝神社(ひえじんじゃ)

場所 東京都千代田区永田町2丁目10-5

交通機関
地下鉄千代田線 赤坂駅(出口2)から徒歩3分
地下鉄南北線、銀座線
溜池山王駅(出口7)から徒歩3分
地下鉄千代田線 国会議事堂前駅(出口5)から徒歩5分
地下鉄銀座、丸の内線
赤坂見附駅(出口11)から徒歩8分

まとめ

今回は日枝神社で開催される『山王祭』について調べていきました。
時期は6月で梅雨の季節という事もあり雨の心配もありますが、多少雨が降ってもイベントは開催されるそうです。

もし『山王祭』や『日枝神社』に興味を持った方はぜひ、この記事を参考にしてみてください^^
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 


 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

はじめまして。 ゆずこまちです♪ 普段は、都内でOLをしながら時々副業をして働いてます! たまにここで日常の気になる事を書いていくので気が向いたときにのぞいていって下さい~^ ^