新札のデザインはいつから変わる?発行日やダサいと言われている理由も

こんばんは!

ゆずこまちです^^

今年の5月で新しい元号が発表され、その後にお札も新デザインに切り替わると発表がありました( ゚Д゚)

ゆずこまち
新デザインってどんな感じだろう~

と気になって見たところ、ネットでは『新札のデザインってダサくない?』と話題になっていました(;’∀’)

なので今日は、新札のデザインはいつから変わる?発表日やダサいと言われている理由も調べてみました。

スポンサーリンク

 


 

 

 

新札のデザインはいつから変わる?発行日は

新札のデザインが変わると言われ気になったのは発表日ですよね( ゚Д゚)実際にいつから変わるか調べてみました。

新札のデザインが変わるのは2004年以来となります。過去の新札が変わった年を見てみると

1984年11月1日
2004年11月1日

でした。

紙幣の新デザイン発行は20年を目目処に変えている事が分かりました。なのでもし変更がされるのであれば

2024年の11月1日

では?と予測できます。

新札のデザインがダサいと言われている理由も

ネットでは、新札のデザインがダサいと言われています。その理由についても調べてみました。

ネットでは、様々な意見が飛び交っています。

新札に違和感があると思ったら漢数字だった所が数字になっていた。

という意見や

新札が昭和っぽいからダサい

という意見

新札のデザインがダサい。先進的なデザインにしてほしかった

などの理由がありました。

新デザインのお札はこちら☆

実際のデザインを見て思ったのは、数字が大きく協調されているのがダサい原因なのかな…?

と思いました( ゚Д゚)

とはいえ、やっぱり実際に手元に持ち始めると意外となじんでしまうのかも…!とも思いました。

スポンサーリンク


 

 

新札になった人は誰か調べてみた

そのあとに話題となっていたのは、新札デザインの人って誰?という事でした。なので新デザインになった人を調べてみました。

一万円札 渋沢栄一
五千円札 津田梅子
千円札 北里紫三郎

です。

渋沢栄一さんは実業家であり、第一国立銀行や私鉄日本鉄道会社などを設立した方で有名で、津田梅子さんは津田塾大学の創立者、女子教育の指導者として有名でした。

新千円札の方は、北里紫三郎さんは日本の医学者、細菌学者で有名でした。

気になる選定基準についても調べてみました。

明治以降の文化人である事
なるべく精密な写真が手に入る事
品格があり、お札にふさわしい肖像である事
その人物が国民に親しまれ、広く知られている事

が主な選定理由です。

私自身、この3人の人物像を全く知らなかったので選定理由である『広く知られている事』に疑問がありましたが、新札に切り替わる日が楽しみだなぁ~とも思いました^^

まとめ

今回は、新札のデザインはいつから変わる?発表日やダサいと言われている理由も調べていきました。

新札のデザインが切り替わるのは

2024年の11月1日

では?と予測しています。
ぜひこの記事を参考にしてみてください^^♪
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 


 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

はじめまして。 ゆずこまちです♪ 普段は、都内でOLをしながら時々副業をして働いてます! たまにここで日常の気になる事を書いていくので気が向いたときにのぞいていって下さい~^ ^